発芽の条件を理解する|草取りなら丁寧なプロの業者がやってくれる|美しいガーデンメイク

草取りなら丁寧なプロの業者がやってくれる|美しいガーデンメイク

家

発芽の条件を理解する

男性と女性

ガーデニングを行なう際に、種から花の苗まで発芽するまでが重要と言われています。花の苗を発芽させるためには、古い種を選ぶのではなく、出来るだけ新しい種を選ぶとよいでしょう。あまり知られていませんが、種を購入する際に店頭に置いてある袋には、発芽率からその種が採取された日付まで記載されています。花の苗に発芽するには、この発芽率と採取された日付が大切なのです。種をまく時期は大きく分けて3つの時期に分かれています。一年の初めに種がまかれるのが、だいたい4月から5月までの期間です。この期間を春まき一年草といいます。だいたい9月から10月の間にまかれるのが秋まき一年草です。冬に種まきはされないと思われがちですが、冬にも種まきは行なわれます。そして、だいたい5月から6月の期間にまかれるのが二年草です。種まきにはタイミングが重要になります。出来るだけ春まきの時期に、種まきを済ませておくと季節による枯れなどの危険性が少なくなります。そして秋まきの際にはかなり注意が必要です。秋を迎えるとすぐに冬がやってきますので、冬になると寒さで花の苗が発芽されない場合が多くなります。秋まきの時期は約1ヶ月しかないので注意しましょう。

花の苗が発芽するには様々な条件があります。まずは花の苗が発芽するまでの条件を理解することから始めましょう。花の苗が発芽するための条件の一つとして重要なのが、温度です。植物の種類によっては、花の苗が発芽するまでの適温が決められています。出来るだけ適温に近い温度で育てて行きましょう。春まきを行なう種は暑さには充分な耐性がありますが、寒さに弱い植物が多いのが特徴です。春まきを行なう種は発芽するまでの適温は、約20度から25度の間と言われています。